Société d'histoire des relations nippo-françaises

 

【第505回 例会のお知らせ】
日 時: 2022年5月28日(土)14〜16時(オンラインでの開催)
報告者: 本間 圭一(北見工業大学、学会員)
司 会: 上田 あゆみ(一橋大学、学会員)
演 題: 日本の新聞業界を変えたフランス人技術者イボリット・マリノニ
概 要:
 マリノニは19世紀に印刷輪転機を開発した技術者であり、新聞の経営者です。その輪転機は、従来の印刷速度の10倍以上となり、新聞の印刷部数を飛躍的に増加させ、フランスの新聞産業は大きく発展しました。明治時代、帝国議会の開設を前に、激しい報道合戦が演じられた日本にも、マリノニ型の輪転機は導入され、新聞が全国津々浦々に広がる契機となりました。例会では、日本にもたらされた経緯やその後の影響を取り上げ、現代の新聞業界に与えるメッセージも併せて考えていきたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 日本仏学史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.