Société d'histoire des relations nippo-françaises
  • 過去の月例会のうち、2005年1月~2018年1月の月例会記録を掲載しました。
  • 会場:K(渋谷区立勤労福祉会館) O(渋谷区大向区民会館) J(渋谷区神宮前区民会館)
    On(渋谷区神宮前穏田区民会館) A(青山学院大学青山キャンパス) Km(慶應義塾大学三田キャンパス)
    N(日仏会館恵比寿) T(東洋大学白山キャンパス)

2018年

第488回 1月27日 特異的普遍としての知識人ーサルトルと加藤周一 竹本 研史 N

2017年

第487回 12月16日 19世紀の漫画大国―日・仏・英 清水 勲 N
第486回 11月25日 マルグリット・ユルスナールと源氏物語 森 真太郎 N
第485回 10月21日 レオン・ド・ロニーによる神道と仏教の受容 クリス・ベルアド N
第484回 9月16日 1867年パリ万国博覧会に対する幕府の出品プロセスと
メカニズムについて―全体像探索とその行方を巡って―
齊藤 洋一 N
第483回 7月22日 パリ万博150周年記念コンサート 末高明美(本学会会員・ピアノ)/市川景之(本学会会員・ピアノ)
駒井ゆり子(ソプラノ)/中森隆利(本学会会員・トーク)
N
第482回 5月27日 德川昭武と多勃都会―日仏交流を支えたもうひとつの人脈 小寺 瑛広 N
第481回 4月22日 駐日フランス大使ポール・クローデルの対日政策 学谷 亮 N
第480回 2月25日 エピナール版画研究の考察―フランス国立図書館のコレクションをもとに 上田 あゆみ N
第479回 1月28日 『フランス広文典』の系譜―戊辰の役で戦い敗れた有為の青年たちとフランスとの出逢い 目黒 安子 N

 

2016年

第477回 11月26日 19世紀におけるフランス人宣教師の琉球滞在について 宮里 厚子 N
第476回 10月22日 カトリックの日本再布教前史について
-朝鮮教区設立からフォルカードの来琉までを中心に-
宮崎 善信 N
第475回 9月3日 江戸のナポレオン伝説-ゴロブニーン事件から戊辰戦争へ- 岩下 哲典 T
第474回 7月23日 (発表者の体調不良により発表はナシ) Chris BELOUAD N
第473回 5月28日 ロスチャイルドの≪jardinier d’art≫
-園芸のジャポニスムを担った日本人-
鈴木 順二 N
第472回 4月23日 仏語学習前史-墨書された蘭文法翻訳稿本を読む- 岡田 和子 N
第471回 3月26日 中村光夫の青春とフランス体験
-1930年代から『戦争まで』及び1940年代へ-
浜田 泉 N
第470回 2月27日 ポール・モラン『夜ひらく』の翻訳について 中島 裕之 N
第469回 1月23日 フランス・ストーリーマンガ史と日本 猪俣 紀子 N

2015年

第468回 12月19日 20世紀フランス風刺画の変容と日本 清水 勲 N
第467回 11月28日 フランス人外交官が見た幕末日本社会と日本人 中津 匡哉 N
第466回 10月24日 明治期の日本人出稼ぎ移民の労働運動
-フランス領グアドループ島とニューカレドニアを事例に-
Brendan Le ROUX N
第465回 9月26日 島崎藤村とフランス 瀧澤 忠義 N
第464回 7月25日 ピエール・ロチのシャルム-長崎出島と西洋の文化遺産- 宮崎 陽子 N
第463回 5月23日 富岡製糸場のお雇いフランス人たち-近年の調査の成果から- 結城 雅則 N
第462回 4月25日 1615年 支倉常長一行の南仏サントロペ寄港について
-M. Jean PASERO により解読、調査された古文書(☆)と注釈をもとに-
(☆カルパントラ市アンガンベルティーヌ図書館保管古文書)
奈良 道子 N
第461回 3月28日 明治維新期におけるフランスからの男子服意匠の導入の歴史 中村 茂 N
第460回 2月28日 第二次世界大戦後のフランス、フランス文学への視線
-カミュの受容とアルジェリア戦争期の論壇誌を例に-
茨木 博史 N
第459回 1月24日 フランス人宣教師 Marc-Marie de ROTZ の事業構想とその展開
-長崎県外海地域のコミュニティー改革-
山川 勝己 N

2014年

第458回 12月20日 フランス人浮世絵師ポール・ジャクレー:生涯と作品 猿渡 紀代子 N
第457回 11月22日 日本学者レオン・ド・ロニー(1837-1914)再考 Chris BELOUAD N
第456回 10月25日 幕末期のフランス対日政策におけるロッシュのイニシャティヴ
-1864年・1865年-
中山 裕史 N
第455回 9月27日 『八十日間世界一周』の翻訳者 祖父川島忠之助の足跡
-横須賀製鉄所、富岡製糸場、横浜正金銀行リヨン支店-
川島 瑞枝 N
第454回 5月24日 ボードレールの詩「秋の歌」の邦訳をめぐって 磯波 仁 N
第453回 4月26日 ビゴー版画集に記録された近代史 清水 勲 N
第452回 3月22日 明治初年刊行、加藤雷州編『佛語箋』の成立をめぐって 田口 雅子 N
第451回 2月22日 日本におけるアルベール・ロビダ
-未来を夢見たヴェルヌのライヴァル作家・画家-
朝比奈 弘治 N
第450回 1月25日 1940年前後、動乱期のパリを日本人はどう生きたか 池村 俊郎 Km

2013年

第449回 12月21日 小林秀雄における日本語の問題
-『本居宣長』の「ことば」とフランス語の間-
立花 英裕 A
第448回 11月30日 クローデルと日本 - 俳句との関わりをめぐって 中條 忍 A
第447回 10月26日 日仏修好通商条約第21条・第22条をめぐって 楠家 重敏 J
第446回 9月28日 久生十蘭『蝶の絵』・1930年代巴里の日本人 中島 裕之 N
第445回 7月27日 評伝と思想史のあいだ - オーギュスト・コント論第2章 今井 隆太 A
第444回 5月25日 信州龍岡城 - もう一つのフランス式五稜郭 滑川 明彦 J
第443回 4月27日 ポール・クローデルと日本-能との関わりをめぐって 中條 忍 A
第442回 3月23日 『JAPAN PUNCH』に描かれたフランス人 清水 勲 On
第441回 2月23日 アラン『ノルマンディー人のプロポ』の思想と日本人移民 高村 雅一 On
第440回 1月26日 近代日本におけるフランス語教育 山崎 吉朗 A

2012年

第439回 12月22日 瀧澤敬一氏の遺族を訪ねて-戦中・戦後のリヨン 市川 慎一 A
第438回 11月24日 モーリス・パンゲ『自死の日本史』を読む 石崎 晴己 A
第437回 10月27日 幕末期におけるフランスの対日外交の再検討
-ロッシュ外交の「個性」と「個人外交」-
中山 裕史 J
第436回 7月28日 オーギュスト・コントと日本人 今井 隆太 J
第435回 6月23日 パリジャンが初めて見た日本映画の評価 中山 信子 J
第434回 5月26日 前田正名とパリ万国博覧会-「日本」の展示と演出- 寺本 敬子 J
第433回 4月28日 F. モーリヤック『テレーズ・デスケルー』の邦訳に関する一考察 藤井 史郎 Km
第432回 3月24日 永井荷風が求めたフランス文学 ラインホルト・グリンダ On
第431回 2月25日 石川淳とカミュ 中島 裕之 On
第430回 1月28日 ヴィクトル・ユゴー『九十三年』の日本への移入 小笠原 幹夫 On

2011年

第429回 12月24日 1960年代の工業技術分野の日仏交流 青木 啓輔 A
第428回 11月26日 《半過去》誕生 – 明治を作った江戸の文法研究 岡田 和子 On
    (補足コメント)フランス語半過去を現代の視点から見ると 塩田 明子
第427回 10月22日 祖父川島忠之助が出会った“サムライ日本人”
-明治15~28年のパリ、リヨン
川島 瑞枝 J
第426回 9月24日 世界に認められた日本人画家・西村計雄 櫻井 幸子 On
第425回 7月23日 <私>と他者
-ピエール・ロティ『マダム・クレザンテーム』と『アジヤデ』との比較を通して
伊藤 愛 On
第424回 5月28日 日本におけるM.プルースト受容史の試み 川名子 弘 J
第423回 2月26日 『学問芸術論』と『非開化論』 飯島 幸夫 K
第422回 1月22日 日本写真史黎明期の俊秀たち 中川 高行 K

2010年

第421回 12月25日 滑川明彦先生の研究姿勢
-新著にみる仏学史へのアプローチ-
山本 慧一 K
第420回 11月27日 メルメ・カションの謎 Le ROUX Brendan K
第419回 10月23日 フランス第二帝政期の外務省と外交官
-ロッシュ外交の背景-
中山 裕史 K
第418回 9月25日 フランスにおける日本語教育 SUDRE Florence-容子
塩田 明子
K
第417回 7月24日 ビゴーと日本近代漫画 清水 勲 K
第416回 5月22日 ジャポニスム、万国博覧会そして人間動物園 青木 博子 K
第415回 4月24日 ル・クレジオの彷徨と文学
-ブルターニュ、モーリシャス島、アフリカ、メキシコ、日本をめぐって-
浜田  泉 O
第414回 3月27日 幕末・明治初期の対日生糸貿易 滝沢 忠義 K
第413回 2月27日 レオン・パジェス VS レオン・ド・ロニー
-東洋語学校日本語講座をめぐる経緯-
滑川 明彦 K
第412回 1月23日 徳川昭武に宛てたレオポルド・ヴィレットの書簡
-1867年パリ万博の出会いから日露戦争まで-
寺本 敬子 K

2009年

第411回 12月26日 あるフランス人の旅行記に見られる1881年のジャポン 森本 英夫 K
第410回 11月28日 (見学会)
横浜開港150周年にちなむ横浜市内歴史探訪
第409回 10月24日 アーネスト・サトウの対日情報活動(2) 楠家 重敏 O
第408回 9月26日 ナポレオン三世と極東外交
-グロ男爵とレオン・ロッシュについて-
市川 慎一 O
第407回 7月25日 アランの原風景-初期プロポとその時代 高村 雅一 K
第406回 5月23日 岡本一平の見たフランス 湯本 豪一 K
第405回 4月25日 Ishin et la France, l’aube des echanges scientifiques entre la France et le Japon POLAK Christian K
第404回 3月28日 フランス語の伝来
- 国語学(日本語学)からのアプローチ
大橋 敦夫 K
第403回 2月28日 フランス語学の先達-鷲尾猛先生と川本茂雄先生 山本 慧一
市川 慎一
K
第402回 1月24日 私のビゴー研究 清水 勲 K

2008年

第401回 12月27日 幕末仏学・英学の重層的課題 滑川 明彦 K
第400回 11月25日 天才と大物-フランスと日本 一川 周史 K
第399回 10月25日 リヨン報告-リヨンの絹織物と日本 加藤 豊子 K
第398回 9月27日 クローデルが魅せられた日本 里見 貞代 K
第397回 5月24日 マンディアルグ作品と日本 中島 裕之 K
第396回 4月26日 アーネスト・サトウの対日情報活動 楠家 重敏 K
第395回 3月29日 清水卯三郎-1867年のパリ万博を中心に- 澤 護 K
第394回 2月23日 妖精・カミーユ・クローデル よしかわ つねこ O
第393回 1月26日 酒井雄三郎へのアプローチ 平野 実 K

2007年

第392回 12月22日 わが祖父 川島忠之助 川島 瑞枝 K
第391回 11月24日 明治期におけるフランスの評価
-日本人のもったフランスのイメージ-
小林 善彦 O
第390回 10月27日 アランの生涯と邦訳書 高村 雅一 O
第389回 9月22日 海を越えたハイク-フランスとメキシコの場合 市川 慎一 O
第388回 7月28日 函館五稜郭-その変遷と象徴 滑川 明彦 O
第387回 5月26日 小津安二郎がフランス映画社会に与えた影響 八重嶋 佳枝 O
第386回 4月28日 ジョルジュ・シムノンのパリ
-岡本綺堂の江戸との対比において
赤瀬 雅子 J
第385回 3月24日 高島北海と生野鉱山 白井 智子 J
第384回 2月24日 松代藩と兵制士官学校 滝沢 忠義 O
第383回 1月27日 大デュマの日本文学に及ぼした影響 小笠原 幹夫 J

2006年

第382回 12月23日 M.メルメ・カションとM.レオン・デュリイ 小河 織衣 J
第381回 11月25日 B.H.Chamberlain(1850-1935)のフランス語著作(紹介)
日仏関係史の諸問題
楠家 重敏 J
第380回 10月28日 大正期における『社会契約論』の翻訳
-藤田浪人『民約論』と平林初之輔『民約論』について
飯島 幸夫 J
第379回 9月23日 Franc Parler O
第378回 8月26日 フランスの航空使節団の歴史的意義 村岡 正明 O
第377回 7月22日 日本のホテル・客船のメニューのフランス語について 中島 裕之 J
第376回 5月27日 日仏生糸貿易-横浜バヴィエ商会とその周辺事情 加藤 豊子 J
第375回 4月22日 M.デュラス-現実界~IMAGE界を巡って
フランス・ヴェトナム・日本
浜田 泉 O
第374回 3月25日 サルトルと日本 小野 吉郎 J
第373回 2月25日 生野鉱山フランス人技師と播磨 白井 智子 J
第372回 1月28日 酒井雄三郎の手紙 平野 実 J

2005年

第371回 12月24日 画家・中川紀元とパリ 滝沢 忠義 O
第370回 11月26日 西洋的思惟の一考察-古代ギリシャからパスカルまで 渡邉 昭造 O
第369回 10月22日 レジオン・ドヌールと日本人の叙勲者たち 1878~1957 小野 吉郎 O
第368回 9月24日 明治期における『社会契約論』の翻訳
-服部徳『民約論』と原田潜『民約論覆義』について
飯島 幸夫 O
第367回 8月28日 富田仁著『岩倉使節団のパリ』 村岡 正明 K
第366回 5月28日 フランスに学んだ近・現代の詩人たち よしかわ つねこ O
第365回 4月23日 ルソー、兆民、西郷をめぐって 浜田 泉 O
第364回 3月26日 日本で最初に走った自動車はフランス車 小野 吉郎 O
第363回 2月26日 駐日イギリス公使館-パークス・サトウ・アストン 楠家 重敏 O
第362回 1月29日 マラン神父と会津若松(鶴ヶ城) 滑川 明彦 O
PAGETOP
Copyright © 日本仏学史学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.